既卒派遣労働者が綴る、闇日記

僕みたいになっちゃいけない〜2nd season〜

面接で自分を良く見せる方法を知らない

自分を良く見せるために、

自分の悪い部分を隠したら

”嘘つき”にならないんですかね?




僕は嘘つきになってしまう気がして、

うまく立ち回りできない。

 



去年から就活対策してきてて、

ずっとずっと思ってたのだけど、

できないこと、できるかわからないことを


できますできます  っていうのが、

僕はどうも苦手で


「最初はできないと思いますが…

徐々に周りの力や自分の努力で、

できるようにして行きたい」


って自分の思うことを伝えてたんだよね。 

案の定、人事や役職が上の人の顔は

ニコリとしてくれない。


やっぱり戦力にならない人間は

雇いたくもないのかという印象を受けた。



自分の見せ方の問題だろ。

って言われたらそれで終わりかもしれないけど、

僕は素直に真面目に

自分のできないことできることを

相手に伝えたいと思って

面接を受けてるから

それを受け入れてくれる企業を探すしかないみたいだ。




面接って人対人だから、

やり方ってのは存在しても、

正解がないものだと思うんだよね。






面接をしてくれる向こうの人の

機嫌やその時の仕事の忙しさ、

体調で合否が決まることだってある。

本当はそういうのいけないんだけど。




僕が納得できることを相手に伝えても

相手は聞く耳も持たないし共感もしてくれない。



それは膨大な人数から、

数名に絞り込まなきゃいけないから

っていうのは頭の中ではわかってるんだけどね。

割と悲しくなるよね。




ありのーままのーって曲があるけど

(この歌めちゃくちゃ嫌いだが)



自分の素を見せようと頑張っていても

なんとなくで面接されちゃうし、

自分も相手を信用できずに終わるから、

いつも腑に落ちない形で

家路につくんだよね。



しょんぼりせずに

就活をしたいものだ。




おわり