既卒派遣労働者が綴る、闇日記

僕みたいになっちゃいけない〜2nd season〜

就職課に行った

おととい就職課に行ったことを記事にしよう

ということで記事にします。

 

別に用事はなかったけれど、

1週間近く家から出てないのはヤバイということで、

近々試験もあることだし、

就職課にいってみようということで行った。

 

いつも担当してくれる指導員はいなくて、

あーやっちゃった。感があった。

 

別の指導員「誰と面談したいとかある~?」

僕「誰でもいいです(投げやり)」

みたいな感じでひねくれてた。

 

 

いつもの指導員じゃなかったから、

目が見れないし調子悪いし、

頭は回らないし、ぐだぐだと話した。

 

これから試験が控えていること、

その試験を受けるべきか否か、

他の民間企業を見ていくべきか

などなど相談したんだけど、

 

虚無って感じなんだよね。

自分の意見とかなくて、

事実を列挙していくだけっていう。

 

すごく座って話しているのが苦しかった。

で涙が勝手にぼろぼろ出てきて、

 

「なにやってんですかねwwwwうけるwww」

みたいにおちゃらけてみたんだけれども、

涙は止まらないんだよね。

 

指導員さんは、

「あなたはまず病院に行って薬を処方してもらいなさい、

それから今残っている2つの会社を受ける。

ときたま求人を見る。でいいんだよ。」

と言った。




 

続く。