既卒派遣労働者が綴る、闇日記

僕みたいになっちゃいけない〜2nd season〜

話の内容

前回の続き。

 

その人と話した内容を覚えている限り箇条書きにする。

 

・当日の試験内容の話(相手はめっちゃ文章考えて挑んでたらしい)

・年齢の話

・学部の話、ゼミの話

・今まで受けた企業、最終まで行った企業数

・相手の職歴(gap店員→法律事務所で物件系の差し押さえの担当だったらしい)

・何で就活を続けているのか

・今後どんな企業を受けていくか

・相手の周りの男子はもう諦めて何もしていない、

 女子の知り合いは、自費留学に行くらしいという話

 

みたいな感じだった気がする。

 

それで僕が印象に残ったのは、

その相手のポジティブさだった。

 

その人は「自分のことネガティブだから・・・」

って言ってたんだけど、

 

「この間初めて最終まで行ったんですよね、

だからまだ僕は就活しててもいいんだな、

必要とされているんだなと思ったんですよね、

まあ、落ちてしまったけど(笑)」

 

という言葉を聞いて、ネガティブじゃねぇwww

って思った。

 

むしろポジティブだよ、すごいよ、

そのやる気僕にもくれよ、って思った。

 

僕は、最終まで行くけど

最終止まりの人間なんだな、って考えてしまうけど、

 

そういう考え方もできるのかな、

これは年齢の差なのか、

経験値の違いなのか、とか

たくさん考えた。

 

考えてもやっぱり忍耐の世界なのかな

就活は・・・ってなる。

 

で最後にその人に

「僕、自分のことネガティブとばっかり思っていたけど、

それ以上の人に初めて会ったよ。」

って言われた。

 

わかる(真顔)

 

 

なんかまとまらなかったな。

そして面白くもなんともないやんけ。 

 

 

 

おわり